3/25日曜日。
5年前のこの日。
能登半島地震は起こりました。
住んでいた地区で「震度6強」を観測。

今まで体験したことのない揺れと轟音。
一斉に鳴りだすサイレンと上空を横切るジェット機。
悲鳴の中、余震が襲う。
何とも言えない光景は、今でも鮮明に覚えております。

この体験災害を踏まえ、3.25に防火訓練を行いました。
春の防火週間の様子です↓

雪割草

今回は七浦地区。
門前分団は中継の先担当に決まりました。
今回は指揮ではなく、4番員担当♪
この日は「雪割草祭り」やら「郷祭り」
そして、本当の春祭りまで重なり、本当に出動人員が少なかったですね~
こういう時の対応も大切です!

防御訓練

さらに直前になって「トランシーバ」に電池がない・・・
と気付き、4番員を替わって写真をパチリ。
また中継時、ホースも余分に運ぶも足りないという始末。。。
火事場でもそうですが、パニクった時にどういう対応ができるか
瞬時に正しい判断ができるか、こういう訓練も大切です。

防御訓練

放水に対して、やはり一つ一つの行動がスムーズではなかったため
時間が少しかかってしまった点。反省ではないかと思います。

ですが団長も言っていました。
「失敗するから訓練する意味がある。」
その通りです。
この失敗を踏まえた上での対処・対応が大切になります。

当日は暴風・吹雪の中
参加された関係者の皆様、本当にお疲れ様でございました。

3.25

2012年 雪割祭り

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。